2010年4月15日木曜日

子供のチカラ

夕飯時に下の子が、ご飯が多いだの少ないだのわがままを言って大声で泣き叫んだので、頭にきて叱りつけた。
その1時間後、ケロっとした顔で「さっきはごめんね」、ニコッ。
悪魔から天使に早変わり。
怒っていた自分がアホらしくなって、思わず吹き出してしまった。
子供を叱りつけた後はこちらも気分が悪い。罪悪感のようなものもある。
そんなときに悪気も見せずに謝られてニコッと笑われたら、さすがに許す気にもなるし、少し救われたような感じもする。

しかしこの切り替えの速さはすごい。
大人になるにつれて、すぐに謝ったり、気分を切り替えることができなくなってきた。
おそらくほとんどの大人がそうだろう。
もし大人が同じようなことをしたら、「アイツは気分屋だ」とか「大人気ない」だとか言われるだろう。
でもこんな時、素直に謝ったり、すぐに気分を切り替えることができたら、自分も相手もすごく楽な気持ちになれそうだ。

子供にはできて大人にはできないことなのか。
大人が勝手にできないつもりでいるだけなのか。

とりあえず、今度、嫁さんと喧嘩したら、やってみようかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿