2010年4月18日日曜日

稚児行列

今日は地元の神社で稚児行列があった。
昨日は天気も良くなく寒かったのだが、今日は天気もよく暖かく なって稚児行列も天気に恵まれた。ウチも下の子が幼稚園の友達と一緒に参列したので、一緒に歩いてみた。

初めての稚児行列で、最初は珍しい衣装と化粧に友達と一緒になってハシャいでいたが、歩いているうちにだんだんと疲れてきたのか、ぐずるようになった。
それでもとりあえず神社まで玉串奉奠。礼拝。
ちなみにこの玉串がプラスチック製の造花。何度も使われるんだろうか・・・
最後は衣装替え会場の小学校に戻って、お菓子とお弁当をもらって喜んで帰ってきた。

この稚児行列は一生のうちに3回参列すると幸せになるとのこと。
一生のうちといっても当然「稚児」でないといけないので、
小さいうちに親が稚児行列が行われる神社を探してきて子供を参列させなければならない。
子供の幸せを願う親心ということだろうが、人によってはいつどこで稚児行列があるか常に情報を集めている人もいるようだ。

今回一つ気になったのは、上の子も以前に2回の稚児行列に参列したが、
頭に載せる烏帽子(男の子)や宝冠(女の子)が、すぐにずれたり落ちたりすること。
あごひもで固定する構造なのだが、小さい子供はじっとしてられないので、何度もかぶり直しながら、結局は外してしまう子供も多い。
玉串をプラスチック製にするくらいだから、こちらもなんとか便利にできないものだろうか。

とりあえず誰かやってみて。

0 件のコメント:

コメントを投稿